top of page

これから主要設備になるもの

賃貸アパートでは今後、EV充電設備の導入が盛んになってくる可能性が出てきました。

大手管理会社では既にオーナーへの積極的な提案が始まっているようです。


EV(電気自動車)は動くスマートホンとも言われており、

インターネットに繋ぎアップデートを続けていくことで、常に便利で快適な機能を維持することができます。

環境にもやさしく経済的でもあるため、ガソリンエンジン車は廃れて電気自動車の時代が来ると見越しての大手管理会社の対応です。


そうなると、アパートに太陽光発電を乗せて電気をつくり蓄電池で溜めて、EV充電や共用電気などに活用。余った電気は入居者や中電に売却という流れが見えてきます。



閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

今年の賃貸の動き

昨日、スーモの担当者と話をしました。 スーモは月1回、地域の不動産会社に市場の様子を聞いて回っているのですが、 山口市内の不動産会社の多くが「賃貸需要が落ち込んでいる」と回答しているようです。 建売住宅も売れず、賃貸需要は減少し、収益物件は融資が厳格化しているという状況です。 ただ、当社では空室対策コンサルにより魅力を増した物件を中心に、 賃貸の問合せは盛り上がりを見せています。 そのことより、今

bottom of page