top of page

マンション積立金の抑制とその裏側

国土交通省は、分譲マンションの修繕積立金の引き上げ幅に制限をかけるとのこと。


修繕積立金額を急激に値上げすることにより支払いが困難となるケースが出ているようです。

通常のマンションでは毎月15,000円~20,000円前後の修繕積立金が必要になるのに対して、マンション販売時は8,000円ぐらいで設定されているために当然に起こりうる問題です。


これは、数十年前から行われている、

分譲マンションを売りやすくするためのマンション販売会社と管理会社の策略であり、

この規制により正常化していけば良いのですが。


閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

今年の賃貸の動き

昨日、スーモの担当者と話をしました。 スーモは月1回、地域の不動産会社に市場の様子を聞いて回っているのですが、 山口市内の不動産会社の多くが「賃貸需要が落ち込んでいる」と回答しているようです。 建売住宅も売れず、賃貸需要は減少し、収益物件は融資が厳格化しているという状況です。 ただ、当社では空室対策コンサルにより魅力を増した物件を中心に、 賃貸の問合せは盛り上がりを見せています。 そのことより、今

bottom of page