top of page

メガ大家の動向

少子高齢化、融資難航、所得格差の拡大、資材高騰などのあらゆる社会情勢により、

アパート経営の転換期に差し掛かっているかもしれません。

メガ大家はどういう方向に舵取りしていくのか。

動向事例をいくつかご紹介します。


A大家

当面は新築アパートは控える(建築費が高すぎて合わない)。

かといって中古アパートを買い進めることもしない(よほど良い物件があれば買う)。

つまり、しばらく待機。


B大家

山口県から撤退準備。都心に集約。


C大家

築年数が経ち出口戦略が難しくなる物件は処分。


D大家

山大周辺エリアで逃げ遅れた感有り。処分へ向かう可能性が高い。



この方達はフットワークがとても軽くサクサクと方向転換をしていくので、いつまた方向を変えるか分かりませんが、

今の状況を見る限りでは「逃げ道」を確保しているような状態です。


「何でも良いからとりあえず物件を増やそう」という動きだけは避けていただけますようご注意ください。


閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

サービス内容変更のお知らせ

収益物件の購入を検討される方の行動パターンが分かってきたので、 有料会員のサービス内容を次のとおり変更いたします。 なお、既存の会員様に対してはほぼ変更はございません。 <既存の会員さま> ・更新時から年会費33,000円⇒無料 ・公けにできない情報を発信 ・収益物件の売買時の仲介料20%引き ・収益物件購入時の相談無料 <新規の会員さま> ・年会費無料 ・公けにできない情報を発信 ・仲介料割引は

萩の元旅館をアパートに(LFB)

LFBが、萩の築50年超えの元旅館をアパートとして再利用。 温泉やフィットネスも使えるとはいえ、超強気な家賃設定です。 https://suumo.jp/chintai/jnc_000089013586/?bc=100365420282 ターゲット層も出口戦略もいまいち見えてこないため、 LFBが何をもってこれほどの投資を行うかは分かりませんが、 萩にはまだ知らぬ色んな可能性が眠っているのかもしれ

Comments


bottom of page