top of page

徳山大学周辺が物件不足

昨日、会員様からいただいた情報です。


徳山大学が公立化し生徒数が2倍になるとのこと。

これにより、大学周辺の学生向けアパートが不足する事が予想されます。


過去の例だと、

山口東京理科大学が公立化し薬学部が新設されることで生徒数が増加し、

周辺アパートが不足しました。

また、生徒数が増加すると1年目は1年生の生徒数が増加、2年目は新1年生の生徒数が増加というように4年間は増加傾向が続きます。

結果として、元々空き地が多かった山口東京理科大学周辺では多くの新築アパートが建ちました。


徳山大学周辺でも同じ状況になる可能性が高く、

この環境で売りに出す家主はほぼ居ないと思うので、土地があれば新築アパートを計画して良いと思います。

閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

今年の賃貸の動き

昨日、スーモの担当者と話をしました。 スーモは月1回、地域の不動産会社に市場の様子を聞いて回っているのですが、 山口市内の不動産会社の多くが「賃貸需要が落ち込んでいる」と回答しているようです。 建売住宅も売れず、賃貸需要は減少し、収益物件は融資が厳格化しているという状況です。 ただ、当社では空室対策コンサルにより魅力を増した物件を中心に、 賃貸の問合せは盛り上がりを見せています。 そのことより、今

bottom of page