top of page

所得税対策

家賃収入が増えるほどに所得税率が上がり、最大で50%も税金で持っていかれます。

リスクを追って経営しているのに馬鹿馬鹿しいですねよ。

今日はよくある所得税対策をご紹介します。


<所得の分散>

①アパートを妻との共有名義にして所得を分散する。

②所得の少ない子供に贈与する(税率を軽減)


<経費を増やす>

①青色申告をする

②法人名でアパート所有(プライベートカンパニーの設立)

③アパートを買い増す(建物の減価償却で経費を増やす)

※②は合同会社が良いのか株式会社が良いのか悩みますが、株式会社の方が相続は楽です(株券の相続)。ただ、相続人が経営に興味がなければ現金化しての相続が良いと思うので、そうなれば合同会社の方が手間が少なくて良いと思います。

閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

今年の賃貸の動き

昨日、スーモの担当者と話をしました。 スーモは月1回、地域の不動産会社に市場の様子を聞いて回っているのですが、 山口市内の不動産会社の多くが「賃貸需要が落ち込んでいる」と回答しているようです。 建売住宅も売れず、賃貸需要は減少し、収益物件は融資が厳格化しているという状況です。 ただ、当社では空室対策コンサルにより魅力を増した物件を中心に、 賃貸の問合せは盛り上がりを見せています。 そのことより、今

bottom of page