top of page

日銀の今後の見通し

日銀の展望リポートが発表されました。

緩やかながらも、長期に渡り物価上昇と給与上昇が続くとの見解です。

gor2310a
.pdf
Download PDF • 650KB

不動産経営を行う上で意識しておく点は、

金利上昇による利息増加とAD割り増しまたは管理料率増加です。


金利上昇については、

アメリカのインフレがどこで落ち着くかにもよりますが、

1.5%~2%ぐらいで落ち着くのではないかと考えています。

支払い利息は今よりは増えると思います。


AD割り増しについては、

不動産仲介業者が売上と給与UPさせるにはAD割り増しぐらいしか無いので、

警戒しておく必要があります。


管理料率増加については、

不動産管理会社は空室増加&家賃低下&苦情増加により疲弊しており人材難が続いています。

そのような余裕の無い中で売上と給与UPさせるには管理料を上げるしかないと考えています。

低い家賃で空室の多い不人気物件は特に警戒しておく必要があります。

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

今年の賃貸の動き

昨日、スーモの担当者と話をしました。 スーモは月1回、地域の不動産会社に市場の様子を聞いて回っているのですが、 山口市内の不動産会社の多くが「賃貸需要が落ち込んでいる」と回答しているようです。 建売住宅も売れず、賃貸需要は減少し、収益物件は融資が厳格化しているという状況です。 ただ、当社では空室対策コンサルにより魅力を増した物件を中心に、 賃貸の問合せは盛り上がりを見せています。 そのことより、今

bottom of page