top of page

景気ウォッチャー調査結果

先日発表された10月の景気ウォッチャー調査の報告書です。


watcher1
.pdf
Download PDF • 357KB

現場スタッフの肌感覚では飲食店関連以外は下降傾向にあり、

景気の一服感が出てきました。


この先の日本の景気は給与上昇率に委ねられていますが、

中小企業では果たして給与は上昇するのか。

そして金融緩和が終わった今、不動産売買業者はどのように動くのか。

収益物件を買い進めるにはどうすれば良いのか。


先の事を予想しながらアパート経営をすすめていく必要があります。





閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

今年の賃貸の動き

昨日、スーモの担当者と話をしました。 スーモは月1回、地域の不動産会社に市場の様子を聞いて回っているのですが、 山口市内の不動産会社の多くが「賃貸需要が落ち込んでいる」と回答しているようです。 建売住宅も売れず、賃貸需要は減少し、収益物件は融資が厳格化しているという状況です。 ただ、当社では空室対策コンサルにより魅力を増した物件を中心に、 賃貸の問合せは盛り上がりを見せています。 そのことより、今

bottom of page