top of page

秋穂二島の人口推移と投資対象

10年間での秋穂二島の人口推移結果です。


若者の流出が著しく、

出生数も直近5年間で10人/年→6人/年(40%減)となっています。


また、2013年の60歳~64歳まではおよそ230人いましたが、

10年後(2023年の70歳~74歳)もおよそ220人となりほぼ横ばい。

高齢者人口の中心地への流出はほぼ無い様子。


おそらく、漁業・農業の性質上、

高齢者層は流出しないが、跡を継がない若者は他の地域に流出しているという状況です。


県の動向次第では秋穂の不動産も投資対象になり得ると期待していましたが、

県が出した結果が「最上級のグランピング施設の建設」だったので、

秋穂の不動産への安易な投資は出来なくなりました。




閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

今年の賃貸の動き

昨日、スーモの担当者と話をしました。 スーモは月1回、地域の不動産会社に市場の様子を聞いて回っているのですが、 山口市内の不動産会社の多くが「賃貸需要が落ち込んでいる」と回答しているようです。 建売住宅も売れず、賃貸需要は減少し、収益物件は融資が厳格化しているという状況です。 ただ、当社では空室対策コンサルにより魅力を増した物件を中心に、 賃貸の問合せは盛り上がりを見せています。 そのことより、今

bottom of page