top of page

一括借上げが始まりもうすぐ30年

大東建託の一括借上げ制度が出来てもうすぐ30年?です。


築30年近い大東建託物件の現状として、

・中心地にある物件は入居率も高く家賃も相場並み。

・中心地ではないがそこそこ生活至便エリアは入居率8~9割前後。

・中心地から離れた物件は半分空室。

という印象です。


このことより、家主目線で見ると

・中心地物件はある程度儲かる。(借上げが無い方が儲かる)

・それ以外の物件だと家主は儲からないが損もない。

ということが推測されます。

ローン返済後の家賃収入や売却益を考えると、それほど悪くないのかなと感じます。


大東建託目線で見ると、

・中心地物件は儲かる。

・それ以外だと微益。案件によっては損をする。

ということが推測されます。

建築時やリフォーム時にかなりの利益を乗せているので、トータルで見ると爆益と感じます。


今になって思うと、一括借上げ開始当初であれば、悪くないビジネスモデルであったと思います。



閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

今年の賃貸の動き

昨日、スーモの担当者と話をしました。 スーモは月1回、地域の不動産会社に市場の様子を聞いて回っているのですが、 山口市内の不動産会社の多くが「賃貸需要が落ち込んでいる」と回答しているようです。 建売住宅も売れず、賃貸需要は減少し、収益物件は融資が厳格化しているという状況です。 ただ、当社では空室対策コンサルにより魅力を増した物件を中心に、 賃貸の問合せは盛り上がりを見せています。 そのことより、今

bottom of page